行くぜ、側線。

旅する炭屋~炭屋さんだって旅したい~

出先で訪問した駅の側線やら引上線をカテゴリ別にUPしています

基本、訪問日に更新しています

訪問後に加筆修正する場合があります。ご了承願います

こちらもよろしくです

行くぜ、バス停。(バス停の写真を取り上げています)
炭屋さんの「行ってみました」趣味分薄めの訪問記です。インフラ系に偏ってます
炭屋さんの「乗ってみました」(乗り物に乗ったら上げるブログです)
炭屋さんの「書いてみました」(日記のようなものです)
炭屋さんの「撮ってみました」 (炭屋さんのインスタグラムです)
炭屋さんの常駐先は「 @ tabisuru_sumiya @ machitodon」(アット前後のスペース削除)で検索

宣伝です(自ブログ共通記事)

唐突にインスタグラム、始めました。 炭屋さんの「撮ってみました」 自ブログのヘッダも変更しました。 正確に言うと2年ほど前にもやってたのですが、自分で何がなんだか収拾がつかなくていったんアカウントを削除したことがありましたので、「再開」とも言…

鳥取駅

特急の乗り継ぎで、まとまったインターバルが出来たもので構内を散策してみました。 山陰本線と因美線が乗り入れる鳥取駅です。かつては地平駅で国鉄然とした駅でしたが、昭和後期に都市計画とともに高架化されました。 駅名板がJR西日本の青色ではなく若草…

膳所駅

意外と難読な駅です。 滋賀県の駅なのですが、駅名の中に何となく京都っぽいものを感じます。 駅そのものは都市近郊にありがちな橋上駅舎。京阪石山線との接続駅で賑やかです。 複々線の駅らしい2面4線で、ホームドアがないせいか広々としています。 上り線…

守山駅

守山市の玄関口です。 名古屋にも守山というところはありますが、あちらは守山区で鉄道駅は新守山、となっており見分けは容易です。 東海道本線でも古株の駅で、1912年にはすでに開設されています。そのためホームの礎石もかなり年季が入っています。 2面2線…

河瀬駅

彦根の市街地が終わったあたりに位置します。 市街地からは離れてはいますが、それなりに宅地化は進んでいます。琵琶湖線(東海道本線)自体がベッドタウン路線化している、とも言えます。 左右対称的な駅舎…何かをデザインしたものでしょうか。 上り線の外…

醒ヶ井駅

東海道本線の東海エリアとしては一番西の端になります。 最近になってTOICAの利用の西限になりましたが、カード自体は「越境」できず、取材当日も米原からICOCAで乗り越す客が通せないと知って長蛇の列を… 配線の特徴になるのですが、改札を抜けて最初に見え…

清洲駅

織田信長の居城があった清洲城はやや離れていますね… 名古屋から大垣方面に向かって2駅目。大都市圏でありながら長閑さも漂っています。 JRになって程なく改装された感がある駅舎です。 旅客が立ち入れる構内は1面2線の都市型配置ですが、 小規模ながら側線…

垂井駅

側線鉄というよりは「配線鉄」的な取り上げ方になってしまいますね… 大垣~関ケ原には2つのルートがあり、複線だけど勾配が続く垂井ルートと、単線ですが勾配が緩い新垂井ルートがあります(ここまで前提) 垂井駅の駅舎。竹中半兵衛生誕の地とあってか、な…

柏原駅

日本には3つの柏原駅があり、「かしわら」(関西本線)「かいばら」(福知山線)そしてここ「かしわばら」(東海道本線)です。 元々は山東町に属した駅でしたが、平成の大合併により米原市に編入されました。 まあここまで来ると滋賀というよりは岐阜の雰囲…

向日町駅

地味に更新しています… 市名は向日市ですが、JRは開業当初の向日町を頑なに守り続けています。 京阪神間の標準的なホーム配置で、 1 上り外線 2 上り内線 3 下り内線 4 下り外線 という具合になっています。 上り外線の外側には、 側線(待避線)があります…

Ⓒ2017 「旅する炭屋」製作管理・炭屋さん